メリットが色々とある二重のプチ整形ですが、デメリットも少なからずあります。いくら簡単で、手軽に施術を行えるプチ整形ですが、手術であることに変わりないということを理解しておきましょう。

デメリットは他にもあり、例えば対応している医師のスキルで結果を得られないこともあります。様々な手術でも同じことがいえますが、これは短時間で施術を受けられるプチ整形も同様です。医師のスキルが未熟な状態だと、カウンセリングなどで依頼をしても、希望通りに実現することができません。結果も大きく左右していきます。いくらプチ整形でも、体の一部を手術していきます。医師や病院をじっくりと、慎重に選ばなければなりません。希望通りにするためには、あらかじめ医師やスタッフと密接なカウンセリングを行わなければなりません。入念にじっくりと時間をかけることによって、希望通りのプチ整形を実現することができます。

そして二重のプチ整形を行ったとしても、二重の幅が狭くなってしまったり、一生プチ整形を行ったままの状態をキープすることができません。ときには、半年や1年程で二重がとれてしまう可能性もあります。プチ整形をして、二重が定着する前に強くこすってしまった場合などは、きれいな二重にならないこともありますので注意しましょう。